RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
PROFILE
LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
OTHERS
SEARCH

エアロスミス アルバム7枚目 Night in the Ruts
- / gotoysr2
1979年に発売されたエアロスミス7枚目のオリジナルアルバム。
「Night in the Ruts」邦題は不評なのがわかってきたのかオリジナルと同じ「ナイト・イン・ザ・ラッツ」。
ナイト・イン・ザ・ラッツ

1. No Surprize
2. Chiquita
3. Remember (Walking in the Sand)
4. Cheese Cake
5. Three Mile Smile
6. Reefer Head Woman
7. Bone to Bone (Coney Island White Fish Boy)
8. Think About It
9. Mia

結構不評な「Night in the Ruts」だが、一応プラチナに輝いた作品。
「Night in the Ruts」のなかでは、「No Surprize」は結構好きな曲。あと「Chiquita」のギターはいいね今でも十分いける。
その他「Remember (Walking in the Sand)」「Reefer Head Woman」も好きな曲で「Think About It」のジョーのギターは最高だが、これら3曲ともカバー。

オリジナルアルバムで3分の1がカバーという異常な状態になったのは、エアロスミスで作詞の殆どを手がけるスティーブン・タイラーのヤク中が原因で、詞が書けなかったことが主な原因。
カバー曲はその穴埋めで入れられたようだが、エアロらしいアルバムに仕上げているのはさすが。

メンバーはライブなどもラリッた状態で立っていたようで、ライブを中止したり、あるいはスティーブン・タイラーがヤク中で倒れ病院に担ぎ込まれたり、この頃からエアロスミスにとって最悪の時期を迎えることになる。
「Night in the Ruts」完成前にジョー・ペリーは脱退してしまて、「No Surprize」「Mia」のギターはジョー・ペリーでない部分が入っている。特に「Mia」は計3人のギターリストで収録された作品。

「Night in the Ruts」は、エアロスミスの第1期黄金期の終わりを告げる作品になってしまった。
この時ジョー・ペリーはソロで活動することになる。
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< エアロスミス アルバム6枚目 Live! Bootleg | main | エアロスミス アルバム8枚目 Aerosmith's Greatest Hits >>









url: http://aerosmith.gotostyle.net/trackback/750031

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--